おまとめローンおすすめをすると、ほとんどの場合にメリットが出ます。あまりないことですが、審査の結果が出た後に、金利が高くなってしまっているということがありますが、その場合には契約を断ればよいことです。きちんとシミュレーションをして、総返済額を小さくできるようなローンを組めば、後で後悔をするようなことにはならないはずです。

しかし、実はおまとめローンをすることで大きく損をしてしまうこともあります。それは、過払い金が発生している場合です。例えば、借金が200万円あって、過去のグレーゾーン金利で契約していたときに発生した過払い金が100万円あったとします。この場合、過払い金を引き直し計算すれば借金の残高は100万円となるはずなのですが、それをせずにおまとめローンを組んでしまうことで、過払い金の100万円までも元本に組み入れてしまうことになります。おまとめローンをする前に、過払い金の有無については必ず確認しておきましょう。

また、おまとめローンをすると多くの場合に借金返済の負担が減らせますが、それでも破綻をしてしまうリスクがゼロになるわけではありません。病気を抱えていて、近いうちに仕事を辞めなければならないといった状況にある人は、おまとめローンで負担を減らすのではなく、債務整理をしてしまったほうがメリットが大きいかもしれません。本当におまとめローンをしてよいのか迷ったら、弁護士や司法書士に相談だけでも受けてみるのがよいでしょう。

Comments are closed.